blog index

グループホーム水草ブログ

名古屋のグループホーム「グループホーム水草」のブログです。
<< お礼状 | main | ニトリに学ぶもの >>
はじめての「ひもときシート」
きのうは、名介研の「認知症ケア研修」〜援助者視点のケアから本人視点のケアへ〜に参加させていただきました。(注:「はじめての」というのは、あくまで私個人の話で、管理者やスタッフの中には、勉強している人がちゃんといます。)

認知症介護研究・研修東京センター発行のひもときシートの活用法の研修でした。
5〜6人ずつのグループワークでひたすらシートに記入をし、話し合いをしました。

「習うより慣れろ」というスタイルで、先生曰く「とにかく、書いてみていただくのが今日の目的」とのことでした・・・なるほど。
どのグループも盛り上がっていて、とても活発に話が膨らんでいる様子でした。
わたしのグループも、有料老人ホームさん・デイサービスさん・特別養護老人ホームさん・グループホームさんとさまざまな方の組み合わせで、情報交換ができてとても楽しかったです。(これが、名介研の魅力です。)


またきょうは、豊橋にて愛知県認知症グループホーム協議会主催の研修・交流会でした。
第一部の会員事業所による取り組み報告会と第二部の研修会の二部構成でした。

第一部は、5事業所による取り組み事例の発表でした。(写真は「グループホーム円頓寺 東館」さんの発表。)
その中でもやはり、ひもときシートを使って劇的に好転した事例を取り上げた「グループホームやすらぎの里 梅森坂」さんの発表は、タイミングがばっちりだっただけに、とても興味をそそり印象的でした。
他に、同業他社の防災対策やバリデーションの実践事例なども参考になりました。(これが、愛知県認知症グループホーム協議会の魅力です。)

第二部のパーソン・センタード・ケアの考え方の研修は、講師の先生のお人柄がよくわかる優しい印象のお話で、とてもわかりやすい資料を、ホームに持ち帰り活用したくなりました。


そしてこの二日間共通の大きな収穫として、「ひもときシート」を活用してみたい事例が、自分の事業所にもたくさんあることがよくわかりました。

言うは易し・・・汗


日比野由美子
| gh-mizukusa | 研修報告 | 22:36 | comments(0) | - |
コメント
コメントする


1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< November 2020 >>
bolg index このページの先頭へ