blog index

グループホーム水草ブログ

名古屋のグループホーム「グループホーム水草」のブログです。
<< わたしたちにできること | main | 古きよき友  >>
研修づくし
ゆうべから、研修ふたつ、講義ひとつに参加しました。
ゆうべは、愛知県認知症グループホーム連絡協議会名古屋東・西ブロックの研修会でした。
「ケアプランに基づいたすぐ実践できる介護&ラクラク介護記録」と題して神谷明美氏(グループハウスあさひ鳴海 施設長・名古屋市認知症介護指導者)が講師を務めてくださいました。

私にとっては、と〜っても感動的なお話でした。
介護記録とは記録というよりご利用者さまの日記だということ、なるべくいいことがらを見つけ出し、敬意を表して愛情をこめてご本人になりかわって表現することで、あたらしい気づきやケアプランにつながっていく、ということがよくわかりました。

ご家族がいちばん知りたいと思われることを、そしてその方の人生の最後の部分を、「生きられた証」として大切に綴る役割。
わたしたちは、そんなすてきな関わりを持つことを許された尊い仕事をさせていただいているのだと、あらためて思ったのでした。
とても、講師の先生の信念を感じる研修でした。

また今日の午前中は、株式会社名晋さんの介護職員基礎研修の講義の見学をさせていただきました。
名晋さんとご縁ができて、この1月に研修生さんの実習の受け入れをさせていただきました。
もう次の実習生さんの研修がはじまっているので、その講義の様子を見学する機会いただいたのです。

きょうは、吉村仁志氏(グラード名古屋駅前・浄心 統括施設長)の講義の日で、「要介護者に対する自立支援」といった内容の中で、一貫して「介護職にとって大切な姿勢」を教えていらっしゃいました。
涙も笑いも交えた、心あたたまる名講師ぶりが光っていました。
さすが、わたしの尊敬する師匠のお姿でした。
研修生さんたちもとても熱心に聴いていらっしゃり、これは水草のスタッフも負けていられないぞ、と思うのでした。

今日の午後は、名介研の「感染症研修」。
サラヤ株式会社のイケメン・インストラクターの村松拓也氏による、感染症全般を網羅した基礎的な研修を受けてきました。

あ〜、よく勉強した!?


日比野由美子
| gh-mizukusa | 研修報告 | 23:18 | comments(0) | - |
コメント
コメントする


1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< November 2020 >>
bolg index このページの先頭へ