blog index

グループホーム水草ブログ

名古屋のグループホーム「グループホーム水草」のブログです。
<< Tさまのお誕生日会 | main | おつかれさま >>
「富山型」の魅力
 きょうの講演は、とても感動的でした。

名古屋経営短期大学主催の講演とシンポジウム「みんなで生きる地域の創生」に参加してきました。
以前から興味のあった「富山型」のケアのお話が、生で聴けるなんて・・・と、ちょっとうきうきで。
CIMG0209.JPG
講師の惣万佳代子氏のプロフィールを資料のまま、転記させていただきます。

惣万佳代子Kayoko Soman、〜〜富山県黒部市生まれ。
平成5年以来、デイサービス「このゆびとーまれ」で障害の有無、年齢に関わらない共生ケアをスタート。現在はデイサービス「このゆびとーまれ」「このゆびとーまれ 向い」デイサービス・グループホーム・ショートステイ「このゆびとーまれ茶屋」運営。
富山大学非常勤講師。子どもからお年寄りまで、また障害の有無に関わらず一緒にケアし、また行政の柔軟な補助金の出し方を併せたケアのあり方として、「富山型」を実践。富山型は福祉関係者の共感を呼び、富山はもちろん、滋賀、長野、愛知、徳島、熊本、佐賀へと全国に普及している。〜〜

この方のお話は、引き込まれます。富山弁のあったかい話し方に、知性と説得力を感じ、きっとみんながお世話になりたい・・・と思ってしまうような方です。
その信頼と実績が、行政をも動かし補助金のシステムまで変えることができたのでしょう。
 
彼女は、実践してきたことを、笑いをとりながら淡々とお話されているのですが、何人かのかたがたの、あまりにも普通の生活の中でのしあわせな最期の迎え方の事例を伺っているうちに、感動で涙があふれました。
会場は、ほかにも鼻水の音。
「このゆびとーまれ」は、地域の人をほんとうに巻き込んで助け合っています。
ある程度の「迷惑」はお互いさま・・・ほんものの地域包括ケアだな、と思いました。

惣万さん、すてきな方です。
CIMG0210.JPG


日比野由美子
| gh-mizukusa | 研修報告 | 00:43 | comments(0) | - |
コメント
コメントする


1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< November 2020 >>
bolg index このページの先頭へ