blog index

グループホーム水草ブログ

名古屋のグループホーム「グループホーム水草」のブログです。
<< 忘れた! | main | たこやきパーティー >>
長谷川和夫さんからのメッセージ
 きょうは、「株式会社波の女」主催の講演会がウインク愛知で開かれました。
第1部が長谷川式スケールを開発した長谷川和夫先生の講演、第2部が長谷川先生と和田行男さんの漫才・・・いやトークでした。

桜・ねこ・電車・・・などの質問で知られる長谷川式スケールのことを、わたしはあまり深く考えたことがありませんでしたが、安易に使うことの危険性を先生は説いておられました。
医療側の都合で行なう検査ですが、受ける側はあまり気持ちのいいものではありません。
100引く7は?そこからまた7を引くと?・・・って迫られたら、簡単な引き算なのに誰でもどきどきしちゃいます。
そしてプライドを傷つけられたり・・・。
専門職の英知を結集して完成された検査方法ですが、正しく理解して施行しないと、受ける側の尊厳を護れません。
「テストを行なう者は・・・優しく慎重に進めること、お願いするスタンスが大切です。」とのこと。

82歳になられる長谷川先生は、穏やかでおちゃめな老紳士でいらっしゃいますが、40年の認知症の人との関わりののちに若者へ伝えるメッセージは「ぬくもりのある絆を創る」こと。
「認知症ケアとは、まさに絆を失い、絆のズレに苦しむ人を支えるために、ぬくもりのある豊かな絆を再構築することである。」
これが、今現在の結論のようです。
温かいお人柄のよく伝わる講演でした。

111114_215934.jpg

たくさんのことをやり遂げてこられたこの賢人は、まさにほんとうに優しい優しい好好爺でしたが、会場からのすてきな発想の質問に、目を輝かせながら
「まだまだやらなきゃならないことがたくさんあるな・・・がんばりましょう!」
と、最後に力強くおっしゃったのがとても感動的でした。

きょうも話題になっていた、100歳になられた日野原重明先生のことを思ったら、まだまだお元気でご活躍いただかなければ・・・。


111114_220240.jpg

わお!本にサインをいただいてしまいました。
(サイン会ではありません。)
宝物でござりまする。


日比野由美子
| gh-mizukusa | 研修報告 | 01:05 | comments(0) | - |
コメント
コメントする


    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
bolg index このページの先頭へ