blog index

グループホーム水草ブログ

名古屋のグループホーム「グループホーム水草」のブログです。
LET ME DECIDE!
 きょうは、23年度第2回LMD学習会に参加しました。
LMDとは「Let Me Decide」の略で医療における「自己決定」「事前指定」を推進する研究会で、
せんねん村施設長の中澤明子さんが東海支部代表を務めてみえます。
去年まではその存在すら知らなかったのですが、今年度は会員にしていただきました。

LMDということ自体、あまりわかっていなかったので、1回目のときも2回目の今日も、「事前指定ってそういうことか〜」というレベルなのですが、ひしひしとわが身に迫るその必要性を感じずにはいられない、たいへん勉強になる学習会です。
LMDは、誰もが迎える終末期に自分がどのような医療を受けるか、どのように死にたいかを自分で決める、つまりは自分らしさを守りぬくということで、そのために意思の疎通ができなくなったときのための事前指定書を作っておくことが、有効で具体的な方法となります。

学習会では、そのほかにも自己決定・事前指定にまつわる話題を提供してくださるようです。

今日の講師はNPO法人「エンディングセンター」代表 (東洋大学教授)井上治代氏で、さばさばとした話し方のはしばしにその人間味があらわれる方です。
型どおりでお金をかけ体裁をつくろった葬儀に疑問を呈し、継承者が必要な従来のお墓がこれからの時代にマッチしていない現実を見据えて、問題解決を実行しておられます。
合同葬ができ、桜の季節にみなで年に一度参拝する「桜葬墓地」や、自然に還ることができる「樹木葬墓地」などです。みな、継承者がいなくても、きちんと管理されていきます。
これがいまとても話題を呼び、すぐに予約でいっぱいになるそうです。


また、エンディングノート(遺言ノート)を書く意味は・・・・
〇弔気譴燭發里燭舛琉娶の調整・仲裁。思い遣り、愛の伝達。
⊆分の人生の折々に抱いた感動や意思を記録することで、生きていることの意味やよろこびの再確認になる。

といった、お話をされました。
残された者へのいくつかのメッセージの紹介や、氏の人間好きの側面が垣間見られる言葉には、何度も熱いものがこみ上げてしまいました。

きょうのようなお話は、もっとたくさんの方に聞いていただきたいです。
ちょっともったいなかったです。
井上さんは、「桜葬」や「樹木葬」をたとえば名古屋でも実現するには、墓地のオーナーとなるパートナーが必要とのこと。ほんとうの想いを共有できるパートナーです。

そして、きょう思ったこと・・・いつ認知症になるかわからない私たちは、やっぱり早めにエンディングノートを綴っていく必要性があるということ。
水草でご縁のできた方々を思いうかべると、なおさら強く思います。

ノンフィクション作家でもある井上氏は中日新聞の夕刊コラム「紙つぶて」の火曜日を担当しておられるそうです。
読んでみたいと思います。



日比野由美子


P.S.   あとで調べたら、「桜葬」は「樹木葬」の一種だそうで、説明が間違っていました。ごめんなさ    
い。詳しくは、エンディングセンターのページでどうぞ。
| gh-mizukusa | 研修報告 | 01:30 | comments(0) | - |
介護職員の思い
 29日に、愛知県認知症グループホーム連絡協議会の名古屋知多支部主催の二回目の企画の講演会がありました。

CIMG0272.JPG


椙山女学園大学看護学部の講師(元・認知症介護研究研修大府センター主任研修指導主幹)でいらっしゃる、大嶋光子先生の「グループホームにおける向精神薬の与薬状況とケアの課題」という講演です。
演題はかた〜いのですが、先生のお人柄や語り口は、とてもおもしろくやさしく愛情あふれるものです。なので、難しそうに見えてとてもわかりやすい内容です。

以前拝聴させていただいた講演も、とても迫力があって楽しく勉強できる内容でしたが、今回はまたさらに、先生の魅力が再発見できるものでした。

今回は、先生がグループホームに対して行った向精神薬についてのアンケート調査の分析研究の結果をご説明いただくという内容です。
その中に表れた、現場の介護職員の苦しみ・ジレンマ・ストレスを深く読み取られ理解してくださっていることを感じました。
大方の職員さんたちはみな、「その人らしさ」を大切にしたケアをしたいと思っているし、その方のレベルダウンを望んでいるわけではない。
そのやむを得ない苦しい状況の中で、向精神薬の与薬につきみんな悩みもがいている。
その人たちに、パソンセンタードケアを訴え続けている自分は果たして正しいのだろうか?
現実は、その理想のために彼らを苦しめているだけじゃないだろうか?
大府センターの方針の根本に関わる問題では?
・・・と、表現はかなり違っているかも知れませんが、それくらい先生は悩まれたという印象のお話でした。
そんな心情をみんなの前で告白してくださる先生は、すごい方だなと思いました。
それだけで、どれくらい介護職員の気持ちが楽になることか・・・。

そして、これから先の認知症の人の爆発的な増加を踏まえて、「これからもみなさんが考えるそれぞれのケアの方法で、そのまま続けていってください。」というようなことをおっしゃってくださいました。
この尊い仕事を続けている職員さんたちに、愛情をもって最高のねぎらいとエールを送ってくださったように感じられ、とても胸が熱くなりました。

先生の「波乱万丈の人生」についても、いつか聴かせて下さいね。
この度は、ほんとうにありがとうございました。


日比野由美子
| gh-mizukusa | 研修報告 | 14:20 | comments(0) | - |
勉強になります
 先日の愛知県認知症GH協の「震災から学ぶこと」では、拙い進行をお見せしてしまった私ですが、そのあと、ふたりのすてきな女性の研修を見学させていただき、大変勉強になりました、というお話です。

ひとつめは先月28日の、介護付有料老人ホーム「グラード名古屋駅前」のスタッフさん向け研修でした。110628_161639.jpg

てあも社会福祉士事務所の林睦実氏が講師を務められ、ストレスマネジメントのお話をされておられました。(てあも=Ti Amo イタリア語で「愛してる」!)

ストレスは自分の感情が生み出している、考え方のくせを直すことでストレスはコントロールできる、というポイントを、短時間でわかりやすくお話されました。

林さんは、とても華やかな方で、いつもまわりを明るく元気にしてくださる美しい方です。
アグレッシブなお話のされ方は、わたしにはたいへん勉強になります。


もうおひとかたは、ウエスティンナゴヤキャッスルの人材育成課長の杉浦敏代氏です。
こちらは、今月1日の緑区のひろせデイサービスのスタッフ研修におじゃまさせていただいたもの。
CIMG0015.JPG

この先生は、もう「教育のプロ!」というオーラがむんむんで、ついつい引き込まれるそのトークの見事さは、なんと表現したら良いのでしょう。
ほんわかしたトーンで話され、笑いをとられますが、厳しい指摘はびしびしとおっしゃり、メリハリがはっきりしています。

あーなるのは、とーてームリですが、なんか少しでも盗んでみたい・・・と思いつつ、自分の無力さを思い知った夜でした。



おふたりとも、ニッセイのCM「2011年の女性たちへ」篇に登場されても、いけるのでは?と思ってしまいました。



日比野由美子
| gh-mizukusa | 研修報告 | 18:25 | comments(0) | - |
「富山型」の魅力
 きょうの講演は、とても感動的でした。

名古屋経営短期大学主催の講演とシンポジウム「みんなで生きる地域の創生」に参加してきました。
以前から興味のあった「富山型」のケアのお話が、生で聴けるなんて・・・と、ちょっとうきうきで。
CIMG0209.JPG
講師の惣万佳代子氏のプロフィールを資料のまま、転記させていただきます。

惣万佳代子Kayoko Soman、〜〜富山県黒部市生まれ。
平成5年以来、デイサービス「このゆびとーまれ」で障害の有無、年齢に関わらない共生ケアをスタート。現在はデイサービス「このゆびとーまれ」「このゆびとーまれ 向い」デイサービス・グループホーム・ショートステイ「このゆびとーまれ茶屋」運営。
富山大学非常勤講師。子どもからお年寄りまで、また障害の有無に関わらず一緒にケアし、また行政の柔軟な補助金の出し方を併せたケアのあり方として、「富山型」を実践。富山型は福祉関係者の共感を呼び、富山はもちろん、滋賀、長野、愛知、徳島、熊本、佐賀へと全国に普及している。〜〜

この方のお話は、引き込まれます。富山弁のあったかい話し方に、知性と説得力を感じ、きっとみんながお世話になりたい・・・と思ってしまうような方です。
その信頼と実績が、行政をも動かし補助金のシステムまで変えることができたのでしょう。
 
彼女は、実践してきたことを、笑いをとりながら淡々とお話されているのですが、何人かのかたがたの、あまりにも普通の生活の中でのしあわせな最期の迎え方の事例を伺っているうちに、感動で涙があふれました。
会場は、ほかにも鼻水の音。
「このゆびとーまれ」は、地域の人をほんとうに巻き込んで助け合っています。
ある程度の「迷惑」はお互いさま・・・ほんものの地域包括ケアだな、と思いました。

惣万さん、すてきな方です。
CIMG0210.JPG


日比野由美子
| gh-mizukusa | 研修報告 | 00:43 | comments(0) | - |
震災から学ぶこと
 先だっての、愛知県認知症グループホーム連絡協議会の三河支部の講演会に続き、名古屋知多支部での、同じタイトルでの講演会が開かれました。

私のへたな進行のおかげで、すべりだしは冷や汗ものでしたが、さすが和田行男さんのお人柄やわが永田会長の熱い思いで、なんとか盛り上げていただき、無事終了することができました。

キーワードは「仲間づくり」「ともだち」「必要なものの備蓄」「即実行」「人としてどうするか」といったことでした。

聴いてくださったみなさまがぜひ、ひとつずつでも実行に移してくだされば幸いです。
110627_191220.jpg
さて、ところ変わっての懇親会。

トラットリア・ダ・ピエーロという丸の内のイタリアンレストランを会場にしました。
たまにはおしゃれなイタリアンもいいかな・・ということで・・・

110627_191145.jpg


みなさま、ご存じない同士も自己紹介し合って、おともだちを増やしていただきました。

お料理は、あいかわらず美味しかったですよ!

また企画しますので、みなさまご参加くださいね!


日比野由美子




| gh-mizukusa | 研修報告 | 23:56 | comments(0) | - |
震災から何を学ぶか
 110616_142816.jpg

きょうは、愛知県認知症グループホーム連絡協議会の三河支部主催の講演会
「震災から何を学ぶか」を拝聴しに、豊橋へ行ってきました。


この企画は、三河・名古屋知多・尾張の各支部の主催で、同じテーマで開催されるものです。

詳細については、以後の講演とかぶってしまう恐れがあるので、ここでは伏せさせていただきます。

でもやはり、震災後とりあえずすぐ現地に入った人にしかできないお話を聴くことができました。
そして、きょうのお話を聴いて、「自分たちがいま成すべきこと=まずは自分のことは自分で守る」を実行に移すひとが、ひとりでも
多く出てくだされば・・・というのが、和田さんと永田会長の思いです・・・たぶん。

名古屋・知多支部のお申し込み、まだ余裕があります。
ぜひ、ご興味がおありの方の、ご参加お待ちしております。

日比野由美子

| gh-mizukusa | 研修報告 | 23:25 | comments(0) | - |
人材育成の極意
先日、愛知県認知症グループホーム連絡協議会の第9回総会が開催されました。
かなり新しいメンバーで出発した23年度の協議会です。
今年度はNPO法人格の取得へ向けて準備を進めております。
そのことにより、会員のみなさまに一層お役に立つことができると考えております。
私も非力ながら、お手伝いできればと思っている次第でございます。

と、話の展開が固くなってしまいましたが、少しでも会員さんのお仲間が増え、お友だちが増えることが、お互いのメリットと思います。
ひとつでも多くのホームのみなさま、ぜひお友だちになっていただけたら幸いです。

協議会のPRはこれくらいにして・・・

この日の同時開催講演は「株式会社日本経営」の堀田慎一氏の「人材育成の極意」でした。
写真は、氏の月間小冊子です。
とてもパワフルでエネルギッシュなお話で、圧倒されました。
(ドラッカーは彼らのバイブルだそうです。)
経営者・管理者のなすべきこと、心構え等々・・・甘えていてはいけないと思いました。

「仕事の成果=質×量×考え方」・・・とのこと。
マイナスの考え方ではマイナスの結果しか出ません。

わが心の師・グラードの吉村統括施設長のブログ〜稲盛和夫氏の「人生の方程式」を思い出しました。
「人生・仕事の結果=考え方×熱意×能力」だそうです。
もとは同じかな・・?


きょうは、スーちゃんの最後のメッセージで心震える夜の終わりですポロリ


日比野由美子
| gh-mizukusa | 研修報告 | 22:23 | comments(2) | - |
研修づくし
ゆうべから、研修ふたつ、講義ひとつに参加しました。
ゆうべは、愛知県認知症グループホーム連絡協議会名古屋東・西ブロックの研修会でした。
「ケアプランに基づいたすぐ実践できる介護&ラクラク介護記録」と題して神谷明美氏(グループハウスあさひ鳴海 施設長・名古屋市認知症介護指導者)が講師を務めてくださいました。

私にとっては、と〜っても感動的なお話でした。
介護記録とは記録というよりご利用者さまの日記だということ、なるべくいいことがらを見つけ出し、敬意を表して愛情をこめてご本人になりかわって表現することで、あたらしい気づきやケアプランにつながっていく、ということがよくわかりました。

ご家族がいちばん知りたいと思われることを、そしてその方の人生の最後の部分を、「生きられた証」として大切に綴る役割。
わたしたちは、そんなすてきな関わりを持つことを許された尊い仕事をさせていただいているのだと、あらためて思ったのでした。
とても、講師の先生の信念を感じる研修でした。

また今日の午前中は、株式会社名晋さんの介護職員基礎研修の講義の見学をさせていただきました。
名晋さんとご縁ができて、この1月に研修生さんの実習の受け入れをさせていただきました。
もう次の実習生さんの研修がはじまっているので、その講義の様子を見学する機会いただいたのです。

きょうは、吉村仁志氏(グラード名古屋駅前・浄心 統括施設長)の講義の日で、「要介護者に対する自立支援」といった内容の中で、一貫して「介護職にとって大切な姿勢」を教えていらっしゃいました。
涙も笑いも交えた、心あたたまる名講師ぶりが光っていました。
さすが、わたしの尊敬する師匠のお姿でした。
研修生さんたちもとても熱心に聴いていらっしゃり、これは水草のスタッフも負けていられないぞ、と思うのでした。

今日の午後は、名介研の「感染症研修」。
サラヤ株式会社のイケメン・インストラクターの村松拓也氏による、感染症全般を網羅した基礎的な研修を受けてきました。

あ〜、よく勉強した!?


日比野由美子
| gh-mizukusa | 研修報告 | 23:18 | comments(0) | - |
はじめての「ひもときシート」
きのうは、名介研の「認知症ケア研修」〜援助者視点のケアから本人視点のケアへ〜に参加させていただきました。(注:「はじめての」というのは、あくまで私個人の話で、管理者やスタッフの中には、勉強している人がちゃんといます。)

認知症介護研究・研修東京センター発行のひもときシートの活用法の研修でした。
5〜6人ずつのグループワークでひたすらシートに記入をし、話し合いをしました。

「習うより慣れろ」というスタイルで、先生曰く「とにかく、書いてみていただくのが今日の目的」とのことでした・・・なるほど。
どのグループも盛り上がっていて、とても活発に話が膨らんでいる様子でした。
わたしのグループも、有料老人ホームさん・デイサービスさん・特別養護老人ホームさん・グループホームさんとさまざまな方の組み合わせで、情報交換ができてとても楽しかったです。(これが、名介研の魅力です。)


またきょうは、豊橋にて愛知県認知症グループホーム協議会主催の研修・交流会でした。
第一部の会員事業所による取り組み報告会と第二部の研修会の二部構成でした。

第一部は、5事業所による取り組み事例の発表でした。(写真は「グループホーム円頓寺 東館」さんの発表。)
その中でもやはり、ひもときシートを使って劇的に好転した事例を取り上げた「グループホームやすらぎの里 梅森坂」さんの発表は、タイミングがばっちりだっただけに、とても興味をそそり印象的でした。
他に、同業他社の防災対策やバリデーションの実践事例なども参考になりました。(これが、愛知県認知症グループホーム協議会の魅力です。)

第二部のパーソン・センタード・ケアの考え方の研修は、講師の先生のお人柄がよくわかる優しい印象のお話で、とてもわかりやすい資料を、ホームに持ち帰り活用したくなりました。


そしてこの二日間共通の大きな収穫として、「ひもときシート」を活用してみたい事例が、自分の事業所にもたくさんあることがよくわかりました。

言うは易し・・・汗


日比野由美子
| gh-mizukusa | 研修報告 | 22:36 | comments(0) | - |
めったに聞けない認知症セミナー
きょうは、「めったに聞けない」かどうかはわかりませんが、とてもおもしろい、ためになるセミナーがありました。

前半は、熊本大学大学院教授の池田学氏の「認知症を知る」の講座でした。
これはたいへん勉強になりました。

池田先生のお話は、ほんとうにわかりやすく、患者さんやそのまわりの介護者に対する愛情を十二分に感じるものでした。
以前「問題行動」と呼ばれていたものが「周辺症状」と呼ばれ、さらに最近は「BPSD」と呼ぶことになった経緯が、恥ずかしながらやっとわかりました。

そして、先生の「BPSDに対する介入の原則」は、「どの文献にも載っていない自分の妄想」とおっしゃっていましたが、現場で培われた疾患別のBPSDの症例をもとにした盛りだくさんの内容でした。

そして、何より感動的だったのは熊本モデルと呼ばれる認知症の研究・臨床・包括的支援体制の構築を提唱・実行されていること。
現時点での日本の認知症医療に求められる課題’知症の早期診断⊃搬旅臺讃匹梁弍BPSDの治療じ修・啓発を盛り込んだ厚労省の事業計画を、熊本の事情に合ったシステムで実現されたというわけです。
認知症疾患医療センター(熊本大学付属病院)を県全体を統括する「基幹型」、7つの精神科病院を「地域拠点型」として二層構造にし、地域包括支援センターや地域の病院・クリニックと連携をとるという体制です。
認知症患者の身体的合併症を積極的に診ることができる病院は少ないものです。
愛知なり名古屋なりのオリジナルモデルが望まれるところです。

後半は、池田学氏VS和田行男氏のトークライブでした。
実は、とても共感するところの多い、仲のよいおふたりなので、「専門医に食いつく」という趣旨を貫くのに苦労されていた和田さんでしたが、生トークならではのお話がいっぱい伺えて、とてもおもしろかったです。

そして最後まで、この会を主催された株式会社波女(なみのおんな)さまの、社名の由来が気になりながら、私は会場を後にしたのでした(笑)


日比野由美子
| gh-mizukusa | 研修報告 | 22:44 | comments(4) | - |
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
bolg index このページの先頭へ